【19歳のエッセイ】『金持ち父さん貧乏父さん』は世界を滅ぼす?




こんにちは、ニーチェです!

 

先日、『金持ち父さん貧乏父さん』という本を読んだ。

読み終わったときに、「こんな本が出たら世界が滅びるんじゃね?」と思ったのだが、どうやら滅びていないようだ。

発売日を見てみると、1999年。

僕と同い年。

発売から、もう20年も経っている。

 

教訓

金持ち父さんの教訓は大きく分けて二つ

  1. 自分のビジネスを持つ
  2. 資産を買う

 

 

自分のビジネスを持つ

 

自分のビジネスを持つことの大切さを説いていた。

給料をもらう労働者や、アルバイト、パートでは一生豊かになれないらしい。

『ラットレースから抜け出せない』という言葉を使っていた。

 

確かに考えてみればそうだ。時間の切り売りでは、いつまでたってもお金が流れていく。

それに加えて、時間の切り売りでは自分にスキルが身に付かないから、いつまでたっても成長できない。

お金に働かせることができなければ、一生自分が働くことになるんだ。

 

資産を買う

 

『金持ちは資産を買う、貧乏人は資産と思って負債を買う』

この言葉が表しているように多くの貧乏人が負債を買ってしまう。

僕のお父さんもそうである。毎月ローンの支払いに追われており、お金に困って離婚した。

現在進行形で貧乏父さんだ。

 

資産を買うことができないとしても、負債を買うことは避けられるはずだ。

肝に銘じておこう。

 

 

行動しない大人たち

 

なぜ、世界が滅びるのかと言えば、働く人がいなくなるからだ。

 

この本では、『ビジネスオーナー』か『投資家』になりなさいと書いてあった。

皆がこぞってビジネスオーナーになれば従業員がいなくなり、働く人がいなくなる。

当然世の中が回らなくなると思った。

 

しかし違った。

世の中の人の大半は、現実を見せられてもまだ行動できないのだ。

リスクを取るのが怖くて動けないらしい。

 

僕はそんな大人になりたくない。

ブラック企業に搾取されたくない。

 

その一心でブログという”ビジネス”を立ち上げた。

ビジネスを立ち上げてはや8ヶ月に突入した。

 

 

200時間働いて1000円しか稼げてない。

時給換算すると5円。

 

どうやら僕はブラック企業を作ってしまったらしい。

 

 

それではまた次回も、何卒。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ランキングに参加しているので、良かったら、是非ポチっとしてください!

Follow me!







アクセスが10倍に!
WPテーマ『STORK』

当ブログでは、『STORK』を使用しています。究極に洗練された『STORK』を選べば、アクセスが10倍に。